札幌市の英国式リフレクソロジー

英国式リフレクソロジーに関する記事、情報です。札幌市は北海道の行政機関や多くのオフィスと観光資源を有し人口、観光客とも多く、道路、鉄道網が発達していることから、北海道内各方面へのアクセスも良いのが特徴です。札幌市内で英国式リフレクソロジーの施術を行う店舗は、中央区、すすきの、中島公園、大通公園、札幌駅周辺に多く集まっています。また、中央区、すすきの、中島公園、大通公園、札幌駅周辺のビジネスホテルや自宅にも出張可能なお店が多いため便利です。健全なメンズエステや、女性セラピストによる、女性専用で対応できるという店も多いため、安心して利用することができます。札幌市の出張マッサージ・英国式リフレクソロジーサロンをお探しの方は、『札幌市で人気のリラクゼーション、癒しの出張マッサージなら【るぽぜ】』をご利用ください。

英国式リフレクソロジーとは?

手・足・耳などにある「反射区」というポイントを刺激することで、対応する体の器官を活性化させるリフレクソロジー。そのリフレクソロジーのタイプとして日本で良く知られているのが、「英国式(西洋式)リフレクソロジー」や「台湾式リフレクソロジー」です。英国式(西洋式)リフレクソロジーは、施術者が足裏などの微妙な硬さの違いを感じ取り、そのコリコリとしたゾーンを重点的にケアするというもので、台湾式に比べて刺激は少なめ。また、イギリスにおいてリフレクソロジーは、ホスピスにおける緩和ケアなど医療の分野でも活用されています。

英国式と台湾式の違い

東洋式と英国式の違いとして一般に良く知られているのは、刺激の強さです。
東洋式リフレクソロジーでは、腎臓・膀胱などの反射区を重視。指や時には棒を用いて深く押圧するため、多少の痛みを伴う場合があります。交感神経を刺激するためスッキリしたい人や、強い刺激が好きな人から人気がある施術法です。一方、優しい刺激を好む傾向にある西洋から生まれた英国式リフレクソロジーは、横隔膜・腹腔神経叢の反射区を重視し、適度な強さで指の腹を使って撫でるように行います。施術にはパウダーやブレンドオイル、アロマオイルなどを使用し、リラクゼーション効果が高いのが特徴。副交感神経を刺激するので、リラックス効果を求める人におすすめです。

医療として活躍するリフレクソロジー

日本ではリラクゼーションとして浸透しつつある英国式リフレクソロジーですが、イギリスでは数十年に渡る実績と科学的な検証を経て議会の承認を得た上で、保険医療として認められています。また、リフレクソロジーは、体の調子を見るためのひとつの指標となり、自分自身でも気づいていない体のウィークポイントを見つけ出す手助けとなることもあります。近年、日本でも妊産婦や高齢者向けの看護の場でメディカルリフレクソロジーという分野が注目を浴びていることもあり、これからの活躍が期待される施術法ともいえます。

カテゴリーで探す|札幌市で人気のリラクゼーション、癒しの出張マッサージ【るぽぜ】
カテゴリーで探す
ジャンルで探す|札幌市で人気のリラクゼーション、癒しの出張マッサージなら【るぽぜ】
ジャンルで探す
ホテルで探す|札幌市で人気のリラクゼーション、癒しの出張マッサージなら【るぽぜ】
ホテルで探す
人気の検索キーワード
地名・駅名・カテゴリー ブログ ホテル
  • 札幌出張マッサージ るぽぜ
  • Instagram 札幌出張マッサージ るぽぜ
  • Twitter 札幌メンズエステ るぽぜ
  • Facebook|札幌出張マッサージ るぽぜ