肩こりと骨盤矯正の意外な関係

皆さんは、しつこい肩こりに悩まされている時どんな方法で解消していますか?

マッサージをする、消炎鎮痛剤を貼る、血行が促進される塗り薬を塗るなどの方法がありますが、実は肩こりを土台から改善するには見直しておくポイントがあるのです。


骨盤が歪むと肩こりが悪化するってホント?


骨盤の歪みは女性が気になるトラブル思われていますが、男性でも骨盤の歪みは起きています。

特に現代人は座っている時間が長いため、骨盤が後傾して歪んでいる人が圧倒的に多いのが特徴的です。

骨盤が後ろに倒れるとはどういう状態なのでしょうか。




自分でも確認しやすいのは、椅子に座った時の姿勢です。

背中が丸まって下腹が弛む姿勢になる人は既に骨盤が歪んで定着してしまっている可能性が大きいと言えます。

この姿勢でデスクワークをしようと思うと、猫背になり目線が下がってしまうので視界だけを確保するために顎が上がった状態になります。

これは腰の曲がった高齢者が立っている時の姿勢と共通しており、背中が丸まって首だけが前に伸びている姿と重なるとのがおわかりいただけるのではないでしょうか。


骨盤が歪んだままだとなぜ肩こりの原因になるのか


骨盤が後ろに倒れた状態で負担がかかりやすいのは、圧倒的に体の背面です。

人間の体は不思議なもので、体を曲げる運動は簡単にできても、反る運動は意識して取り入れないと使う機会が少ないものです。

これが「背中に年齢が出る」と言われる所以であり、骨盤が歪むと肩こりや腰痛が悪化しやすいのと非常に深い関係があります。


つまり、骨盤が歪む→背筋を使うバランスが崩れる→肩周辺が血行不良になり肩こりが悪化するという図式から抜け出せないというわけです。


骨盤矯正とともに取り入れたい!肩こり解消のポイント

①骨盤矯正と一緒に首も調整する

前述のように、骨盤が後傾している多くの場合、顎が上がり首はストレートネックになっていることがほとんどです。

骨盤矯正だけをしても首が自然に治るわけではありませんので、骨盤を調整する時は一緒に首も調整してもらうようにしましょう。





②肩甲骨の可動域を広げる

肩こりが悪化している時は、肩甲骨の周辺の血行が滞りやすくなっています。

ストレッチ整体、マッサージなどを取り入れて、まずは動かしやすい土台を作っておくことが大切です。


③きちんと入浴する

首や背中の土台を整えたら、運動と入浴で血行の良い柔軟な状態を維持するのが肩こりになりにくい環境を作るためには必要不可欠。


様々なトラブルの元になる骨盤の歪みを整えて、ストレスから解放されましょう。


整体ストレッチ

人気の検索キーワード
地名・駅名・カテゴリー ブログ ホテル
  • 札幌出張マッサージ るぽぜ
  • Instagram 札幌出張マッサージ るぽぜ
  • Twitter 札幌メンズエステ るぽぜ
  • Facebook|札幌出張マッサージ るぽぜ